開発してます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 開発中の製品等の情報を一部ですがご紹介致します。お客様のご要望に応えられるように縫製手袋、溶着手袋、オリジナル機械カバー等さまざまな製品開発に取り組んでおります。

開発してます!

クリーンバッグ新登場!

今回は「開発してます!」ではなく、「開発しました!」です。

 

クリーンルーム用のバッグを製品化しました。

開口部にはファスナーがあり、内側には仕切りがありますので

ウェアやシューズなどを分けて入れることができます。

 

シンプルなバッグですので、さまざまなモノの持ち運びに活用頂ければと思います。

 

技術的なポイントを少しだけPRしますと

当社のクリーンアクセサリは全てレーザー裁断機で生地をカットしておりますので

カット端は熱固着され、ホツレを抑制しておりますので

クリーン環境にはぴったりです。

 

ご興味がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

D.Ikeda

脱げ難いスライディンググローブ

医療、介護の現場にて、除圧や体位変換に使用されるものが

スライディンググローブです。

 

薄く、滑りやすい生地で出来た手袋ですが

除圧後に手袋を抜くと手袋が残って、手だけが脱げてしまうことが多いようです。

 

そこで内側に滑り止めを付けたスライディンググローブを

試作してみました。

内側の白色に見えるのが滑り止め効果を出す為の樹脂です。

思ったよりもいい感触でしたので

製品化を検討してみます。

 

D.Ikeda

クリーングローブを切ってみた(手袋?指サック?)

生産時に発生しましたB品手袋を

社内の作業で使うことがあります。

 

今行っている作業で、ちょうど指先だけがカバーできればと

思ったのですが、指サックはしっくりきませんでしたので

クリーングローブ(溶着手袋)のB品をハサミでカットして

2本指対応の手袋と指サックの間のようなモノを履いています。

着脱もしやすいので

製品化してもよいのでは!!と思いましたが

この為にわざわざ金型は作れないですね。。。

 

もう少し検討してみます。

 

D.Ikeda

スマホ用ポーチを作ってみた

私はまだガラケーを使っていますが

世の中はスマホですね。

 

当然、クリーンルームで使われるのもガラケーからスマホに

変わっていますが、どのように持ち込んでいるのだろうか?

クリーンウェアにポケットがあれば、そこに入れられますが

ポケットが無い場合も多いですね。

ネックストラップもありますが、重くて肩がこりそうですね。

 

そのような発想でスマホ用のポーチを作ってみました。

ペンやちょっとしたモノをスマホとは別に入れらるように

前側にポケットも作ってみました。

 

思った以上に良い感じに仕上がりましたね。

 

D.Ikeda

 

 

耐熱手袋改良

クリーン耐熱手袋の中低温仕様はNo.3904とNo.3954の

2種類がラインナップされています。

 

今回はNo.3954の改良を検討しました。

フィット感を上げて、作業性を良くするために

設計を見直しました。

なかなか良い履き心地ですので

製品化できればと思います。

 

D.Ikeda