開発してます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 開発中の製品等の情報を一部ですがご紹介致します。お客様のご要望に応えられるように縫製手袋、溶着手袋、オリジナル機械カバー等さまざまな製品開発に取り組んでおります。

開発してます!

夏用×スマホ対応×礼装用手袋=「N2375」新登場!

香川県は現在、梅雨の中ですが

徐々に暑さが厳しくなっていますね。

 

フォーマルな装いが必要な場面では厳しい季節ではと思いますが

スーツなどは夏用がありますが、当社の礼装用手袋には

「夏用」はありませんでした。

 

礼装用手袋の裾のホックを外していたり、裾をまくり上げて

着用されている場面も見かけますので

やはり夏に手袋は厳しい場面もあるではと思いまして

夏用の礼装用手袋を開発しました。

ベースはN2349です。スマホ対応は外せないですね。

裾を短くし、目立ち難いように親指の付け根部にメッシュ素材を採用し

通気性をよくしています。

品番は「N2375」です!

お問合せをお待ちしております。

 

D.Ikeda

No.3954の改良品が新登場⇒『No.3974』

クリーン耐熱手袋のNo.3954のフィット感を改良し

作業性をさらに良くするために設計検討しておりましたが

ついに改良品が完成しました。

改良後継品として『No.3974』に生まれ変わりましたので

是非一度ご検討下さい。

 

D.Ikeda

カップスリーブ

当社では縫製手袋を生産しておりますので

「生地を縫製すれば手袋以外にも何でも作れますよ!」と

お客様にもお話ししております。

 

そこで今回は普段生産している作業用の手袋やアクセサリ、カバー等とは

全く異なるカップスリーブの試作にチャレンジしてみました。

カップスリーブとはコンビニやコーヒーショップで買ったコーヒーカップに

つけるカバー、ホルダーのようなものですね。

 

生地も普段使用しない帆布を使ってみましたが

素材の雰囲気が感じられる良い仕上がりになりました。

やはり縫製技術は様々なモノづくりに応用できますので

お気軽にお問合せ頂けましたら面白いモノづくりができるかもしれません。

 

D.Ikeda

シームレス加工最前線!!その4

今回は前回のメッシュ生地よりも目の詰まったニット生地と

合皮生地のシームレス加工手袋です。

前回のメッシュ生地は通気=快適性を重視した仕様ですが

今回のニット生地は上記のように目が詰まっていますので

体毛等の脱落を抑制する点を考慮すると

よりクリーンな環境、異物脱落を嫌う環境での

作業に向いているように思います。

 

当社のクリーングローブと同じデザインですので

通常の縫製手袋よりも裾が長く、手首部をしっかり覆える点も

上記の異物脱落に対して強い仕様と言えますね。

 

これは多くのお客様に喜んで頂けるのでは!!

早く製品化できるようがんばります。

 

D.Ikeda

クリーンバッグ新登場!

今回は「開発してます!」ではなく、「開発しました!」です。

 

クリーンルーム用のバッグを製品化しました。

開口部にはファスナーがあり、内側には仕切りがありますので

ウェアやシューズなどを分けて入れることができます。

 

シンプルなバッグですので、さまざまなモノの持ち運びに活用頂ければと思います。

 

技術的なポイントを少しだけPRしますと

当社のクリーンアクセサリは全てレーザー裁断機で生地をカットしておりますので

カット端は熱固着され、ホツレを抑制しておりますので

クリーン環境にはぴったりです。

 

ご興味がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

D.Ikeda