試験

このエントリーをはてなブックマークに追加

週末に、英語の試験を受けて来ました。

IELTSと呼ばれる試験で、アカデミックとジェネラルに分かれています。言葉通りアカデミックは学術的な設問が多く、ジェネラルは日常会話が中心となっています。今回、アカデミックの方を受験してきました。

試験を受けるのはいったい何年ぶりか。

待合室では自作ノートを広げて最終確認をしている受験者がいたり、

最初から最後まで、懐かしさと緊張感を感じます。

荷物はペンなどだけを手持ちで会場に入り、試験開始前には受験者一人づつを写真撮影。試験中は防犯カメラ(っぽいもの)で会場を撮影するなど、不正対策に力を入れていました。

午前中にListening、Reading、Writing、午後からSpeakingの4科目。

Readingは60分で長文3つ、Writingは60分で2つの課題と、いずれも時間に追われました。PC上での試験だったのでライティングの文字数を数えなくて良いのがラクだった反面、リーディングの問題文に線引いたりできないのが欠点です。

終わってみるとSpeakingがダメでした。

これまで経験した試験と異なり、どちらかといえばミニスピーチに近い内容で、試験官と対面すると緊張ひとしおでした。

落ち込みましたが、試験は自分の弱点が浮き彫りにされるので収穫はありました。あとは点数発表を待つばかり。

当日、最終便が欠航したので試験終了後渋谷スカイへ。

天気良くて富士山が見えました。

次回は数年後になるかもしれませんが、またチャレンジできたらと思います。

勝之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です